ホーム採用情報社員インタビュー > 技術系・開発

技術系・開発

会社の新たな柱となる新規案件を手掛けたい。

フジボウ愛媛株式会社 技術開発部 技術開発課 係長 平成23年4月入社
K.T.最終学歴:大学院 理学研究科 化学専攻 博士後期課程修了 博士(理学)
趣味:食べること、飲むこと
将来チャレンジしたいこと:新規製品の開発・基礎研究

  • メーカーでものづくりをしてみたいと思って職探しをした。

    ーTさんの入社の経緯を教えてください。
    T:私は大学院で博士課程に進んだのですが、博士課程を修了するためには、3報以上の論文を厳しい審査のある国際誌に発表することが必要でした。この要件を満たすことができ、修了の目処がたったのは卒業前の冬でした。博士課程に進む人はそのまま研究室に残ることが多いのですが、私は今までの研究よりもメーカーでものづくりをしてみたいと思って、時期的に大変遅くなってからリクナビで就職活動をはじめたんです。そして、たまたまそんな遅い時期になってもフジボウが募集をしていたので、ちょっと入社試験を受けてみようかなといった感じです。実は、就職活動をするまでフジボウという会社は知りませんでした。
    ーたまたまといった感じですね!
    T:ほんとうにたまたまの出会いなんです。でも、調べてみると創業100年以上の伝統のある会社で、今では技術力を活かして繊維以外の事業で業績を伸ばしている。私が求める新しいものづくりができる会社はここだと思って入社を決めました。
    ーフジボウに入社して、入社前とのイメージに違いはありましたか?
    T:違いと言いますか、ものづくりができるだけではなく、今では最先端の技術に関わることができる魅力的な職場だと感じています。
  • 仕事は正直厳しい。だからこそやりがいを感じる。

    ー現在の仕事について聞かせてください。
    T:ハードディスク基板用の研磨材の開発を行っています。ハードディスク基板の表面は極限まで凹凸を無くすべく高精度に研磨されていますが、顧客からはさらなる高品質の基板を製造するための高性能な研磨材が求められています。また、同じ研磨材でも、ある顧客では高性能であっても、他の顧客でその性能を発揮できないこともしばしばあります。そのため、高性能の製品を開発することはもちろん、個々の顧客の要求に沿った研磨材を開発することが重要なのです。
    ーやりがいはどうですか?
    T:顧客の要求を満たすためにいろいろな研磨材を試作して評価するんですけど、実はなかなか上手いこといかない。どこが悪いのか推測して改良して評価して失敗して、また推測して試作。もとより研究とはそういったもので、今まで達成できなかった性能を発揮するための研磨材を開発するのだから正解の道筋がわかっている訳がない。しかし、顧客は新製品の発売を延期する訳にはいかないので、タイムリミットは確実に存在するんです。このサイクルがかなり速いことが大学での研究とは最も異なる部分であり、これが正直厳しい。そのような状況の中、遂にスペックを満たす研磨材が完成して顧客から高評価を頂く。こんなに嬉しいことはないですね。やりがいを感じる至福の瞬間です。
  • コミュニケーション力がピンチを乗り切る最大の武器になる。

    ー今までの最大のピンチは?
    T:大手顧客で失注するかもしれないという大変なピンチに陥ったことがあります。顧客としては今までの研磨材で乗り切れると考えていたのですが、実際に試作をしてみるとそれでは必要な性能が出せなかった。もう発売まで時間がほとんどないというタイミングでその事が判明したのですが、本当のピンチは、同業他社の研磨材を使えば求めるスペックが達成できるということ。このままいけば顧客としては、同業他社の製品にチェンジせざるを得ないというのです。これは最悪です。大幅な売上減は避けられない。どんなに短い時間といえども性能を発揮できる研磨材を開発して今まで通りの取引を維持しなければなりません。座して見過ごす訳にはいかない大ピンチです。
    ーどうやって切り抜けたのですか?
    T:工場全体の協力を得て、短期間でありえない数の試作、評価をしました。試作品は私たち開発が設計したものを実際のラインで製造してもらうのですが、ラインには通常の製品が流れている。製造部は全力でラインをやりくりして合間を縫って膨大な試作品を作ってくれたのです。結果、何とか新しい研磨材の開発を成し遂げ取引を守ることができました。このピンチに際して一番実感したのはコミュニケーション力が重要だということ。こういった時こそ顧客と濃密にコミュニケーションをとり、信用を頂き、他社製品にチェンジするという決断を下さないように働きかけなければなりません。製造部に無理難題を理解してもらうことも日々のコミュニケーションが不十分であれば不可能なことだったと思います。
    ーこれからチャレンジしたいことは?
    T:他用途・他種の研磨パッドの開発・基礎研究などをしたいと思います。さきほど言ったようにハードディスクは円熟期にあり、今後は次世代のデバイスに取って代わられる。これからの時代に求められる研磨材の開発は喫緊の課題ですから、ぜひ会社の次の柱となる案件を手掛けたいと思います。
  • 就職してから新しく学べることの方がはるかに多い。

    ー最後にフジボウを志望する学生にメッセージをお願いします。
    T:学生時代に身につけたことを活かせる職に就きたいと思う学生が多いと思うのですが、就職をしてから新たに学べることの方がはるかに多いと思ってください。今日では、最新の知識や技術が通用する期間は本当に短い。次から次へと研究を重ねないと時代にはついていけません。フジボウには何にでも挑戦できる環境があります。何事もやってみようという雰囲気がある。新しいことを求める気持ちがある人に最適な会社だと思います。

用語解説

研磨材(研磨パッド)
ハードディスクや半導体基板など、きわめて平坦な仕上がりが求められる製品を生産するために、研磨材は不可欠なアイテム。フジボウ愛媛株式会社では、高品質な研磨材を生産して、高い利益率を誇っている。
試作評価
研磨材には拡大しないと見えない気泡が無数にあり、その具合によって研磨する対象の性能が大きく変わるため、試作品には精度の高い検査・評価が求められる。

Personality

仕事はスピード。そうでなければ商売にならない。

好奇心旺盛。どんな仕事でも楽しんでやる。

仕事はスピードが肝要でタイムリーでなければ商売にはならない、そして体力勝負でもあると言うTは、学生時代はサッカー部に所属していたスポーツマン。研究者と商売人という二面性を活かして今日も業務に臨む。目下の興味は料理と体力づくり。工場敷地の端にある岸壁で釣った魚をさばけるようになりたいという吞気な面も持つ。体力づくりはどんな激務にも耐えられる自分でありたいから。全力で新しいことに挑戦したいという好奇心旺盛な性格が最大の強みといえる。

この社員が働くフジボウグループ会社は

フジボウ愛媛株式会社

フジボウを強力に牽引する収益を誇る研磨材事業を手掛けている。
今後も成長が見込める有望な事業会社。

あなたの決断を期待します。

エントリーはこちら

▲ページの先頭へ戻る