Top Message

トップメッセージ

変化を恐れず、さらなる挑戦を目指して

富士紡グループは、日本の紡績史を作ってきた繊維事業を礎に、「一世紀を超える歴史の中で培った技術と経験を生かし、つねに時代が求める新しい技術・製品を提供することで先端産業を支え、人・社会・地球環境にとってより豊かで持続可能な未来の創造に貢献し続けること」を企業理念として掲げています。

1896年(明治29年)の創業以来、時代の変化に対応しながら積極的に事業ポートフォリオの転換を図り、今日まで成長してきました。現在では、研磨材事業、化学工業品事業、生活衣料事業、化成品事業の4事業を展開しております。

2021年度(2022年3月期)からスタートした5か年の新中期経営計画「増強21-25」では、核となる研磨材事業、化学工業品事業、化成品事業における有望市場向けの更なる高付加価値化を軸に、事業ポートフォリオの質的拡大を図るとともに、環境、社会への貢献を重視したサステナビリティ経営を確立すべく邁進していきます。

変化を恐れずにチャレンジを続け、人の暮らしと産業の発展に貢献する富士紡グループの今後にご期待ください。

富士紡ホールディングス株式会社
取締役会長兼社長
中野 光雄