TCFD

TCFDへの取り組み

TCFD提言に賛同

地球温暖化による災害や気候変動など地球規模の環境問題が深刻化するなか、当社グループは低炭素経済へと移行する社会の一員として気候変動対応を経営上の重要課題と認識し、取り組むべき課題やリスク情報開示の指針となるTCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース:Task Force on Climate-related Financial Disclosures)提言に賛同を表明しました。今後は、TCFD提言の枠組みを参照しながら、気候変動が当社グループに及ぼす「リスク」と「機会」について、当社グループの業種や事業特性に応じて必要と考えられる項目から順次開示を進めていくことで、中長期の視点からの経営戦略に反映させてまいります。

これからも当社は、1世紀を超えて培ってきた技術力・開発力を活かし、温室効果ガス排出抑制等の取り組みを推進することで事業活動の低炭素化を進め、持続可能な社会の発展に貢献し続けたいと考えています。

※TCFD:世界の主要国、地域の中央銀行、金融当局などが参加する国際機関である金融安定理事会(FSB)によって設置されたタスクフォース。TCFDは2017年6月に最終報告書を公表し、企業等に対し、気候変動関連リスク、及び機会に関する「ガバナンス」「戦略」「リスク管理」「指標と目標」(全11項目)について、開示することを推奨している。