Environment

環境課題への取り組み

基本的な考え方

富士紡グループは、環境負荷軽減に配慮し企業の社会的責任を果たすため、環境方針を設定し、事業を通じて課題解決を図っていくことを経営戦略に据えています。当社グループは国際社会で喫緊の課題となっている地球環境問題を最重要課題として認識し、「人・社会・地球環境にとってより豊かで持続可能な未来の創造に貢献し続ける」という企業理念の実現に取り組んでいます。具体的には、大気および水環境の保全、生物多様性の保全、省資源や廃棄物削減、化学物質の適正管理など各事業場における環境負荷軽減の取り組みを推進しています。

環境方針

基本理念

富士紡グループが企業理念に掲げる「人・社会・地球環境にとってより豊かで持続可能な未来の創造に貢献し続ける」ことの実現に、グループを挙げて取り組みます。

基本方針

1.環境関連法規等の遵守

環境関連法規及び当社が同意した協定等を遵守します。

2.気候変動への対応

気候変動の緩和及び気候変動の影響への適応に十分配慮します。

3.生物多様性への配慮

自然体系等の環境保全ならびに生物多様性の維持・保全に十分配慮します。

4.資源・エネルギーの有効活用

資源・エネルギーの有限性を認識し、廃棄物の抑制、再利用、リサイクル等、その有効利用に努めます。

5.環境マネジメントシステムの確立

環境マネジメントシステムの継続的な充実、改善に努めます。

6.環境方針の周知と開示

この環境方針は、富士紡グループで働くすべての人に周知するとともに広く開示します。

環境活動の重点テーマ

富士紡グループでは、以下を環境保全における重点テーマとして経営戦略に取り込み、各施策の実現に注力します。

1.温室効果ガス排出量の削減

当社グループの排出する温室効果ガスは、エネルギー起源CO2と非エネルギー起源CO2のみであり、メタン、一酸化二窒素等のガスは排出していません。今後も再生可能エネルギーへの転換を積極的に推進し、さらなる温暖化ガスの削減に取り組みます。

2.水資源に関する環境負荷軽減の取り組み

当社グループの各事業場において、活性汚泥法、水質汚濁防止法、下水道法等の法令遵守に則り環境にやさしい排水処理を実施しています。また、効率的な水資源の活用に積極的に取り組んでいます。

3.産業廃棄物低減の推進

生産過程で発生する廃液(有機汚濁物質)等の産業廃棄物は燃焼処理による無害化を推進しています。不安定な化学物質は自家処理することで安全性を高め、一部は焼却装置の燃料としてエネルギー資源に再利用しています。

4.化学物質に関する環境負荷の軽減

当社グループでは、PRTR法対象物質の取扱量・排出量・移動量を適切に管理しています。また、環境負荷軽減についても、お客様と一体となった活動も取り組んでいます。

5.操業時の資源リサイクル・省エネルギーの取り組み

資源エネルギーの有限性を認識し、省エネルギー活動に取り組むとともに廃棄物のリデュース・リユース・リサイクルを推進しています。

事業活動における環境負荷の全体像

富士紡グループでは、事業活動におけるエネルギーや化学物質等の使用量のほか、CO2や廃棄物などの排出量を把握し、年度毎の環境活動の全体像を捉え、目標達成度の評価などに活用しています。

生産活動におけるマテリアルフロー2020

その他環境課題への取り組み