サステナビリティ

Sustainability

人と地球が共に健やかに成長していけるため、社会課題の解決に貢献し、
持続可能な社会の実現を目指します。

トップメッセージ

Top Message

持続的な成長と、高付加価値を創造し続けるグループを目指す。

フジボウグループのビジネスは顧客だけでなく、ESG(環境・社会・ガバナンス)とも共にあるもので、各分野に配慮した経営スタイルにより持続可能な成長を目指します。

トップメッセージへ
Sustainability Report

サステナビリティレポート

当レポートは、非財務情報(ESG情報)の開示ツールとして、持続可能な(サステナブル)社会の実現に貢献するCSR(企業の社会的責任)の取り組みについて情報開示しています。

Sustainability Management

サステナビリティ
マネジメント

ESGを中長期的な企業価値向上と持続的成長につなげるため、2021年4月にESG推進委員会を設立。グループ全体の多岐にわたるESG課題解決をリードします。

Materiality

マテリアリティ/
重要課題

持続的な企業価値向上のためのESGの重要課題(マテリアリティ)を設定し、株主・投資家、顧客、取引先、地域社会、従業員一人ひとりまで貢献することに取り組みます。

TCFD

TCFDへの取り組み

フジボウグループはTCFDに賛同し、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

環境

Environment

美しい瀬戸内の環境を守るため

当社事業は瀬戸内海を中心とする豊かな水資源に支えられています。水とそれを生み出す自然の恵みに支えられていることを踏まえ、水資源における環境負荷の軽減に取り組んでおります。

社会

Social

多様性および人権への配慮、地域社会への貢献

富士紡グループは、性別・年齢・国籍等にとらわれない多様性を尊重し、能力発揮機会の提供と労働環境の整備を推進するとともに、さまざまなステークホルダーと積極的につながりながら、よりよい社会の実現に取り組みます

ガバナンス

Governance

経営の透明性の確保および内部統制の強化

企業の透明性、実効性を確保するとともに、株主をはじめとするステークホルダーの皆さまから信頼される経営を目指すことで、企業価値の向上を目指します。

富士紡グループとSDGs

ふくのわプロジェクト

衣服のリユースを通じ資源の循環を推進

SDGs経営を推進する富士紡グループでは、社会貢献のひとつとしてSDGsの達成にグループ全体で取り組んでいます。本特集では、衣類リユース活動「ふくのわプロジェクト」を通じて資源リサイクルなど社会的課題の解決に取り組んでいる例をご紹介します。

Data Link

ESGデータ集